WAFはネット界の優れた探偵【Webに関する落とし穴を発見】

システム

アプリレベルで解析

システム

WAFはアプリケーションレベルで検査するので、今までのファイヤーウォールで検知出来なかった内容も検知可能となっています。年々悪化している犯罪者からも守る事が出来ると人気のサービスとなっています。

Read More...

WAFの種類と特徴

文書管理システムは操作性が高いから、誰でも簡単に扱うことができます。大手企業が導入しているほどの実績がありますよ。

システム

IT用語であるWAFを知っている方は少ない様です。WAFとはウェブアプリケーションファイヤーウォールの事であり、ファイヤーウォールで防ぐ事の出来なかった問題を検知出来る様にブロック機能を強固にしたものです。WAFには三種類あり、ホスト型、ゲートウェイ型、サービス型の三つです。ホスト型は、すでに設置しているWebサーバーにソフトをインストールする方法です。ネットワーク機器を使用する必要がなく、ハードウェアも必要なので費用が安くなりますが、サーバー数に応じてソフトが必要になるので、サーバーが多い場合には不向きかもしれません。ゲートウェイ型はネットワーク機器として独立出来ます。専用のハードウェアを使用するか、汎用サーバーにインストールするかどっちかです。ネットワーク機器が増えますが、複数のサーバーを守る事が出来ます。サービス型は、利用するサービス業者が用意するタイプです。初期費用が安くなり、管理者のやる事が少なくて良いのですが、毎月の出費が大きくなります。それぞれに良い点があるので、経営方針と一致するサービスを利用しましょう。

犯罪者の手口は毎年巧妙となっており、サイバーテロの件数もどんどん増えています。原因はWebのデータ管理のズボラさです。ズボラな管理は犯罪者にとって大好物であり、侵入が簡単でリスクも少ないという魅力的なものなのです。データ管理をしっかりする事が今までもこれからも大切になってきます。通常のソフトでは守れないような内容もWAFならしっかりとガードしてくれます。事前も事後もどちらも対応可能で、他のサービス以上のディフェンスをしてくれます。導入コストが少し高いですが、その分しっかりと守ってくれます。被害が出た後の損害賠償金や失った信頼に比べれば、導入コストも安く感じるでしょう。データ管理を確実にする事がデータ社会を生き抜秘訣となります。

具体的な被害内容

システム

WAFを導入する事でWeb被害を防ぐ事が可能となっていますが、被害の内容を知ることで、Webに潜む危険性を知る事となるでしょう。しっかりと対策をする事が大切で、トラブルを未然に防がなければいけないのです。

Read More...

事故の事前も事後も対応可

システム

WAFの強みは事前も事後もどちらの状況でも対応出来るという事です。事前は事故が起こらないように調整し、事後は現状起こっている問題を処理し、時間稼ぎをしてくれます。

Read More...